ヒメノロゴ

街づくりの“司令塔”になろう!
ヒメノ リクルートサイト


Web
BOOK

voice03

意欲と挑戦を支える風土が
ヒメノの最大の魅力。

土木部 今枝 優也
(2017年/新卒入社)

Engineer DATA

地元で長く頑張りたいと入社。意欲を受け入れてくれる風土に喜びを感じ、積極的に学び続ける若き指揮官。1級土木施工管理技士の資格取得も目指す。
【所持資格】2級土木施工管理技士、測量士補、地山土止作業主任者


ヒメノを選んだ決め手は、長年の歴史と挑戦し続ける風土。

大学時代は環境創造学科というヒメノとは全く畑違いの学科で、ビオトープなどを学んでいました。しかしもともと建設業界に興味があったため、地元で仕事ができることや、100年近い歴史がある安定した会社であるところに魅力を感じ、ヒメノへの入社を決めました。また、豊富な施工実績やノウハウを強みとして、現在ではVRやICT施工など、最新技術を取り入れながら工事を行っているところにも興味を持ちました。

今枝さん01

新人が育つ環境を築いている現場。

入社後はまず、工事に関わる書類作成を担当し、土木用語や工具を学ぶところからスタートしました。私の場合は学校で専門分野を学んだわけではないので、分からないことばかりでしたが、先輩や協力会社のみなさんが優しく指導してくれました。ただ、大きな現場も多いため、先輩に都度質問できない時もあります。そんな時のために、ヒメノの現場には「OJTノート」という質問をどんどん書き込める先輩との交換ノートがあります。そのノートに書き込むと、先輩は翌朝までには答えてくれるのです。わからないことを持ち越さずに済むため、私は積極的に活用していましたね。

今枝さん02

早期に責任あるポジションを任せてくれるのが、ヒメノの施工管理の魅力。

入社後しばらく経って、協力会社の職人さんたちの体調管理や新人教育などを経験後、現在では、測量や材料発注、現場管理などさらに幅広い業務を任されるようになりました。今担当しているプロジェクトは、23号蒲郡バイパスの橋台(下部工)の工事です。山の切土、盛土、小段排水づくりなどを進めるために、工程作りや材料の段取り、丁張り掛け、安全書類の作成や写真の管理、品管出来形の確認、構造図の作成などをしています。ヒメノには、若い人にどんどん現場を任せ、早期に経験を積んでほしいという育成方針があり、何事にも積極的にチャレンジする姿勢をどんどん汲み取ってくれるのが魅力です。責任も大きいですが、日々達成感を感じながら仕事をしています。

今枝さん03

「お父さんが作ったんだよ」と自分の子どもに誇れる仕事。

1つの現場でも複数の工事が同時に並行して進むこともあるため、多くのことに気配りや目配りをし、安全面に問題があれば、素早くそして何度も注意を促していくことが私たちに求められます。そのため、大変さを感じることももちろんありますが、構造物が完成した時は、「一生懸命仕事をしてきてよかった!」と、それまでの苦労が一瞬で報われますね!地図に残る仕事ですので、自分の子どもに自慢できるところも大きなやりがいです。将来的にはさらに大きい現場を責任者として任されるようになりたいですね。

今枝さん04

question

ヒメノの良いところを紹介してください!

 answer01

最新技術の採用!
(ドローン・VRなどICT技術の活用)

 answer02

研修制度の充実!
(先輩がガッチリ支えてくれる)

 answer03

土日休み!
(家族との時間を大切にできる)

 answer04

安定した経営基盤!
(約100年の歴史ある会社)