ヒメノロゴ

街づくりの“司令塔”になろう!
ヒメノ リクルートサイト


Web
BOOK

voice02

人々の暮らしに欠かせない
インフラを守る充実感。

送電部 千田 佳希
(2016年/中途入社)

Engineer DATA

鉄塔の建設工事や電線の張替工事の管理を担う千田。様々な現場に関わる喜びを感じながら、インフラを支える指揮官として安全な工事の実現に尽力する。
【所持資格】第一種・第二種電気工事士(1級電気工事施工管理技士)


常に異なる現場を経験できる、刺激ある毎日。

私は学校を卒業後、航空機の製造スタッフとして働いていましたが、工場内は毎日同じ風景ですので辛さを感じるようになりました。そこで、学生時代にアルバイト経験があり、刺激の多さと面白さを感じていた建設業界で働きたいと考え、派遣会社に転職。この時の派遣先がヒメノで、しばらくしてからヒメノの正社員になりました。入社後は土木部、そして新エネルギー工事グループの仕事をそれぞれ経験し、現在は送電部に所属しています。

千田さん01

協力会社の職人さんたちも、一緒になって頑張りを支えてくれる。

送電部では、送電線工事に関わる機材や一通りの業務内容をまとめた教本が用意されており、最初はこの教本を読み学んでいきました。ただ、実際に現場に行くと、教本に書かれている用語と、施工管理の先輩や現場の職人さんたちが話す用語が異なることもあり、戸惑うこともありました。しかし、分からないことがあれば先輩や職人さんたちがすぐに答えてくれます。特に、長年ずっと一緒に仕事をしてきた協力会社の職人さんたちも一緒になって頑張りを支えてくれるのがうれしかったですね。

千田さん02

100人以上の作業員をまとめ、安全な工事を主導する指揮官。

送電部では、主に鉄塔工事と架線工事を行っています。その中で私は現在、東名古屋東部線リフレッシュ工事に関わっており、老朽化した鉄塔の建て替えや電線の張替作業などを行っています。多い時には協力業者7社、総勢100人を超える作業員がおり、毎日現場に足を運んで工程管理、品質管理、安全管理などをしています。大きな組織を管理し安全な工事に導いていく指揮官ですので、大きな責任が伴いますが、他ではなかなか感じられない達成感を得られるのはヒメノならではだと思います。

千田さん03

何十年も残り、人々に影響力を与え続ける。それこそが、この仕事の醍醐味。

架線工事では、50~100mもある鉄塔に上ります。最初の頃は高所が怖かったり、上ると筋肉痛になったりしましたが、塔上するたびに他業種では見ることの出来ない絶景が見られ、暮らしに欠かせないインフラ整備に携わる充実感が味わえます。自分の仕事の成果が形になって何十年も世の中に残り、人々に影響を与えつづける価値ある仕事だと実感しています。また、ITが急速に発展し、多くの仕事が失われると予測される中、インフラを守る重要な仕事として今後も安定した需要が続いていく点も大きな魅力だと思います。

千田さん04

question

ヒメノの良いところを紹介してください!

 answer01

賞与年3回!
(5.3ヶ月※2020年度実績)

 answer02

資格取得補助制度!
(講習・受験費用は全額会社負担)

 answer03

社用車貸与!
(現場と自宅を直行直帰)

 answer04

景気に左右されない!
(常に安定した仕事量)